お茶の葉 釉薬作り🍃

Needle to Leafより、

【新企画】
🍃お茶の葉から生まれる器
〜お茶の葉釉薬つくり活動レポート〜

お茶の葉 マグカップ制作に取りかかる為、釉薬用に約100kgのお茶の葉をご協力いただいている竹村氏の陶房 大日窯にお届けし灰になるように焼いていただいています。
焼き始めてから約3日目ようやく燃え始めたようで数日後には全て灰になる予定とのことです。

マクアケURL
https://www.makuake.com/project/needle-to-leaf/
(※プロフィールのハイライト《クラファン🌟》より、リンクでURL先にワンタップで飛んでいただけます)

■京都の老舗茶舗×灰釉のスペシャリスト
とのコラボレーション
.
■お茶の葉から生まれた器
.
■抹茶を気軽に楽しめる手に
馴染む質感と形状
.
■お茶の配合率の違いによって生まれた全3色は、どれも温かみのあるアースカラー
.
.
このマグカップは当社のお茶を
製造する過程でどうしても出てしまう商品として使われない茶葉(はきよせ)を釉薬として再利用し、マグカップとして生まれ変わらせました。

抹茶を点てるだけでなく、
ほうじ茶、抹茶ラテ、デザートカップや
スープカップにと、
色々と楽しめるマグカップです。

制作には山科の自然釉の
スペシャリスト 陶芸作家 竹村氏や、

当社の茶道関係者にもご協力いただき、
試作や打ち合わせを何度も繰り返した
こだわりのマグカップです。

抹茶を気軽に楽しみたい方、
プロジェクトにご興味を
お持ちくださった方、

この機会にぜひ、
◎マクアケ 
Needle to Leaf
お茶の葉から生まれる器
ご覧くださいませ。