淹れ方で2通りの味わいが!冷茶の美味しい淹れ方

毎日じりじりと暑い日が続きますね…よく冷えた冷茶がおいしい季節です!

本日は、暑い夏にぴったりな2つの淹れ方をご紹介します。

 

お茶は抽出する温度によって、違う味わいを楽しむことができるのはご存知ですか?

お湯ではなく水でじっくりと淹れることにより、苦渋味のやわらいだマイルドな風味を引き出すことができます。

 

 

本日は「旅する日本茶 / Deep Forest 深い森のお茶」を使用して淹れていきます。

Needle to Leaf公式オンラインショップ はこちら>>

 

 

 

1.水で出す方法

①急須に「旅する日本茶 / Deep Forest 深い森のお茶」の茶葉3gを入れます。違う茶葉を使う際も碾茶や玉露がオススメです。

②一度沸騰させて冷ました水200mlを注ぎます。

 

 

 

③蓋をして軽く振ってから急須ごと、冷蔵庫にいれます。

④約2時間後、急須を軽く振ってから茶漉しなどで茶殻を取り除き、

 

 

最後の一滴まで残さず注ぎきってください。

 

これで完成!水出しは、スッキリとした爽やかさのある味わいのお茶になります。

 

 

 

2.氷で出す方法

①急須に「旅する日本茶 / Deep Forest 深い森のお茶」の茶葉12gを入れます。こちらも、違う茶葉を使う際は碾茶や玉露がオススメです。

②氷100gを急須に入れ、氷がほぼ溶けきるまで(約16時間)冷蔵庫内に入れます。

 

 

③氷がほぼとけてきたら冷蔵庫から出し、茶漉しなどで茶殻を取り除き、最後の一滴まで残さず注ぎきってください。

 

 

これで氷出し冷茶の完成!

 

スッキリ・さらっとした味がお好みなら水出し、旨味と甘味を感じたい場合は氷出しがおすすめです。

お好みで茶葉の量や浸出時間を変えてお楽しみください!